お知らせ

お知らせ

ヒトとヒトのつながりで、ローカルへの愛着を創出!スマホアプリ「KYOUDOKO(キョウドコ)」小田急電鉄・小田急エージェンシーと開発

ジョージ・アンド・ショーン株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:井上憲)は、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と株式会社小田急エージェンシー(本社:東京都新宿区 社長:高成田 潔)と共同し、街の今を楽しみ、地元への愛着を創出するためのスマートフォンアプリ「KYOUDOKO(キョウドコ)」を開発し、2020年2月1日(土)より、「都心における住宅エリア」であり学生も多い、小田急線経堂駅を中心としたエリアでサービス実証を開始します。
今後、biblleとの連携なども含め、機能・ユーザー体験の強化に努めてまいります。

アプリダウンロードはこちらから

「KYOUDOKO(キョウドコ)」について

小田急沿線にお住まいの方が、お住まいのエリアにてヒトとヒトのつながりを創出することで、そのエリアに対する愛着を深めていただくことを目的としたローカルコミュニティを活性化するスマートフォンアプリ。

店主や、イベントを行うエンターテイナー、エリア内にお住まいの個人などに情報発信者となっていただき、タイムリーなイベント情報等を発信していただきます。アプリユーザーは、地図上で今イベントが開催されている場所を確認することができ、身近で開催されているものや興味があるテーマのものなど、好みのお出かけスポットを見つけることができます。また、店舗をはじめとしたお出かけスポットには常連(お気に入り)登録機能を有し、キョウドコを介して店舗(店主)を交えた常連同士のコミュニティに参加することもできます。

名称      :KYOUDOKO
サービス開始日 :2020年2月1日(土)
料金      :無料 ※通信費は利用者負担
ホームページ  :https://kyoudoko.com/
対応OS :iOS12.0以上のiPhone、iPad ※Anroid版は今後開発予定(提供時期未定)

アプリダウンロードはこちらから

「KYOUDOKO」アプリケーション

「KYOUDOKO」基本機能

1.街の”今”を「キョウドコ」で知る

・「キョウドコ」では、”街の人”や”お店”から発信される情報を参照して、今日の立ち寄りたいお店や地域の出来事を知ることができます。

・「キョウドコ」は近くを通るユーザに優先的に案内。発見したユーザが参加しやすい工夫がされています。普段の生活では気づかなかった”ちょっとそこまでいけば”を知ることできます。

2.街の人や店長さんをフォローする

・「街の人」メニューでは、街の人々として情報発信している人たちをリスト表示できます。気になる情報を発信している「街の人」をフォローすることができます。

・街の人をフォローすることで、過去に街の人が発信した「キョウドコ」情報を参照することができます。

3.常連になる~お店と会話する

・複数回お店に来店することで、お店の常連になることができます。常連になると「常連掲示板」を使って、コミュニティ内で閉じた会話をすることができます。

・常連掲示板では「新メニューをためしてもらいたい」、「特別なイベントを常連の方にだけご案内」など、店長さんから発信されるさらに特別な情報を知ることができます。

「KYOUDOKO」の開発におけるジョージ・アンド・ショーンの思い

自分の暮らす街、”地元” 。そこには、多くの方が食事や生活など、当たり前のように日常利用する場所があるのではないでしょうか。もしもそのお店で働く方々の思いが見え、店舗と顧客という関係を超えた繋がりを持つことができれば、その街に暮らす一つの大きな魅力にもなるかもしれないと考えました。

街の人を知る、街の今をしる。店舗が日常的に自分から発信していき、“常連”という関係を作り、店舗にいない時間も繋がりを持ち続けていく。「KYOUDOKO」が創ろうとしているのは、日々たくさんの時間を過ごしている“地元”というエリアをより愛していくための、新しいコミュニケーションの形です。これをきっかけに経堂に住む方だけでなく、初めてこの街を訪れた方にとっても、地元としての体験が生まれることも目指しています。

ジョージ・アンド・ショーンでは、これまでも“安心して長く健康で生きられる街づくり”をミッションに、子供や高齢者見守りのための社会インフラ構築、また高齢者認知症の早期検知エンジンの開発などを行ってきました。

「KYOUDOKO」の今後の開発では、見守り端末であるbiblle(ビブル)との連携で、街を見守り、街に出たくなるサービスへと発展させていきたいと考えています。

経堂駅で始まるこの「KYOUDOKO」が、地元を大好きになる新たな体験提供ツールになることを目指して、ジョージ・アンド・ショーンの想いを形にし続けていきます。

 

 

オンラインショップ